2015年11月05日

我が家の決断

皆さんには心配をおかけしています
本当にありがとうございます

心細いながらも頑張ってポポの前では泣かないようにしてます
(パパにリンパ腫の疑いの結果報告をした時はボロボロ泣きましたが)
不安にさせないよう笑顔で明るく接するよう努力してます

これまでの経過を

10月30日にリンパ腫の可能性がと書きましたが
詳しくは「低分化型リンパ腫の可能性」
これはリンパ腫の中でも最も悪性度が高い物です・・・

それで更に詳しいクローナリティ検査をする為に
11月1日に血液2CC(これが結構な量で心配になりました)採取し
検査機関に送りました
現在その結果を待ちながら心臓と膵臓の投薬治療中です

CIMG9381.JPG

食事がほとんど取れないので日に日にやせ細っていきます
もう骨と皮しかないよ・・・毛があるから見た目には分からないけど
ブラッシングするのも可愛そうなのでやめています
近所の人にこんなにボロボロのポポちゃん見たことないって言われる(涙

あまり元気はありません
散歩も天気が良い時に抱っこして行っています
キョロキョロして楽しそうにも見えます

家の中でもベットとトイレや水を飲みに移動する以外寝ています
もうピノとは遊ぶ元気がないようです
ピノが時々ポポを舐めてあげています

入院中に喜んで食べたというa/d缶を購入してそれを食べさせるも
日によって食べたり食べなかったり
好きな物は何でも試すが匂いをかむだけで食べてくれない
食べてくれた時にはそれだけで嬉しくてパパに歓喜の報告

CIMG9355.JPG
ピノはポポ兄ちゃんが遊んでくれなくなったので寂しそうです
ポポが食べないって言った食べ物をもらって喜んでますが・・・

もしリンパ腫が確定した場合
抗がん剤治療が有効なのですが(抗がん剤が効きやすいタイプ)
今の体力で抗がん剤に踏み切るのにかなり抵抗があります
それをしたために更に一気に衰弱するかもしれない
最悪は命を落とすかもしれない

父親二人共抗がん治療しましたが半年持たなかったのも見てきたのも大きいし
ガンとの追いかけっこで体力が無くなっていきました
治っても(小さくなっても)また違う場所へ再発の繰り返しです

いろいろご意見はあるかもしれませんが
私たちの選択は
抗がん剤治療はしないで緩和治療の方向にと先生と話して決めました

CIMG9358.JPG
この子が少しでも楽に楽しく暮らせるよう願います

きっとお姉ちゃんが見守ってくれてるよ
(先日パパの夢にポポの事でお姉ちゃんが出てきたそうです)



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします

ニックネーム ポポママ at 03:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Instagram