2015年11月23日

ありがとう〜またね

僕のお気に入りのカミカミです
いつもこれをカミカミちゅぱちゅぱするのが好きでした
病院にもいつも持って行きました
CIMG9446.JPG
これは亡くなる前日の夜の写真
これが最後の写真になりました

点滴の針の包帯は毎回カラフルに変わっててオシャレにしてもらってたんですよ
最初は右腕だったけど使えなくなって左腕に変わっています

この日の病院で新しい治療に期待を持っていた私達
リンパ腫でなかったら少しは長くいられると思った矢先の出来事でした

もう食べれないではなく流動食でも何でも食べさせなきゃと
人間の赤ちゃん用の水に溶くベビーフードも用意しましたが
1袋しか使えませんでした

とにかくポポは苦しむ事もなく痛がる事もなく病院も嫌がる事も無かったのです
ただただご飯が食べれなかったのが可哀そうで
最後までちゃんと意識もあり水も飲めるしオシッコも自分でしてました
右後ろ足が使えなくなってしまったのが可哀そうでしたがなんとか3本の足で立つこともマスターしました

また今度繊細を書きます・・・

仲良しのワンコや可愛がってくれた方も来てくれて
最後のお別れをしました

私達も本当のお別れです・・・

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします




20日5時火葬車の手配をして
自宅前で火葬する事にしました

もう抱っこ出来なくなるんだね・・・
もうなでなでできないんだね・・・

ずっとそばに置いておきたいけどそれは出来ないんだね
業者さんが来るまでパパと変わりばんこにずっと抱っこしてました

形見にと尻尾の毛と肩の部分の毛を切りました

いよいよお別れの時
オヤツを一緒に持たせていいと言うのでボーロとリンゴを

ありがとう〜またねっ

そう言ってお別れしました

炉の扉が閉まる時が一番辛かったです

お骨上げは家の中でしました
こんなに小さいとは思っても見ませんでした
箸でも手でもいいと言うので迷わず手で拾いました

頭の骨の中は黒い物があって・・・
やっぱり脳に腫瘍があったのかなぁ
業者さんに聞くと普通はこういうのは残らないって言います

お姉ちゃんが夢で言った言葉は
「大丈夫だよ守るから」
命は寿命だから救えないけど痛みや恐怖から守ってくれたのかな
病院の先生もとにかく痛みや苦しい様子が見えない事を不思議がっていましたから

病院のスタッフさん達にも可愛がって貰えて良かったね
最後に看取る事は出来なかったけど懸命に助けてくれようとしてる人たちがそばに居てくれて良かった

病院からお花も頂いたの
こんな事してくれるなんて本当に嬉しい

CIMG9463.JPG

これから毎日いろんな物食べれるからねっ

夢でいいからパパとママに会いに来てね




ニックネーム ポポママ at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Instagram