2015年12月15日

最後の日の事

あれからもう1か月になろうとしています・・・
積もった雪もすっかり溶けてしまいました

CIMG9298.JPG
この写真は具合が悪くなる前の物

パパとコンビニに入って見つけたの
ポポのお菓子が売ってる!!って即買い
ポンスケって呼び名も時々呼んでいたね・・・
パッケージの顔もなんだか似てるじゃない〜


11月18日

あの日はというか毎日ネットで情報を探していて寝るのは3時とかざら
3時半にお布団に入りポポが普通に寝てるのを確認
前の日に水も飲まなかったのが気になる

4時半にポポの動く気配で起きる
シッコのようで補助しながらベットの横のシッコシーツにさせる
お水飲む?って水のボトルをあげてみたら
もうゴクゴク飲むし・・・
喉が渇いていたんだね
ママの腕も疲れたけどポポも飲むのに2回ほどコテンて横になって
ママの顔をじっと見てたね
ざっと100oは飲んだんじゃないかな

でもね目が揺れていたの・・・
暫く無かったのにまた始まっちゃった
体の動きは普通だけど寝れないみたい
なでなでしながらママ寝ちゃってごめんね

5時半頃にパパが起きた時も起きていて目が揺れていたって

朝の7時に起きて下に降りてご飯やら薬やら慌ただしく過ごす
ご飯もほとんど食べないのでドロドロの離乳食を口に入れる
この日はパパと一緒に出勤だったけど眼振が起きてるので病院に預けることにした
今日は時間が無くて散歩に行けなかった・・・

連れて行かないでーっ(置いて行かないでーかも?)と鳴くピノをなだめながら病院へ
眼振が出てる事を告げると緊急連絡先は教えていますか?と聞かれる
(眼振は2回ほどでてるけどそれで連絡は来たことは無かった)
いつも診察時間前の受付時間に置いてくるので先生だったりスタッフさんだったり
今日は院長先生じゃなく女医さんだった
体重は2キロちょうどで変わらず
いつもと同じでお布団とポポの大事なカミカミを預ける
ママはいつもと同じに手を振り終わったら迎えに来るからね〜と
じーっと先生に抱っこされながらママを見てた
後ろ髪惹かれながら診察室のドアを閉め仕事へと急いだ

いつもと同じように仕事をしていました
3時でオヤツタイムにと飲み物を入れた所でした・・・ポポの話をしながら
パパが別件で電話中にママの携帯が鳴りました・・・病院からです
一番来てほしくない所からでした
電話してるパパにも病院からだと教えて

もしもし・・・

ポポロンちゃんの心臓が止まりそうなんです!
今、緊急処置をしている所ですがすぐに来られますか?

30分位かかりますがすぐに向かいます
よろしくお願いします

パパは仕事が残ってるのですぐにママだけ向かいました
20分で着きました
道中とても晴れて良い天気で・・・
お姉ちゃんにお願いしながらもうちょっと待ってと言いながら

病院に着くと院長先生が待っていました
どうですか?と聞くと首を横に振ります・・・

診察台の上で持って行ったお布団に横たわったポポが寝ています
間に合わなくてごめんね・・・なでながら動かないポポに涙がボロボロ落ちてきます
スタッフさん達も私が落ち着くまで黙って見守ってくれて暫く泣かせてくれました

緊急処置をしたんですが戻って来てくれませんでしたと先生が言います
眼振はあったものの普通に過ごしていたそうです
水も飲んでたしオシッコもちゃんとしてた
突然心拍が乱れて止まってしまったようです
最後まで意識はちゃんとあったそうです
最後の時は苦しまなかったのかが気がかりでしたが
例えるなら老衰で静かに息を引きとる感じと
苦しむ様子は無かったと聞いてそれだけが救いでした

私が来るまでに処置をしておいてくれたそうです
口とお尻に詰め物をしてオシッコも抜いてくれたそうです

お会計を済ませて

お世話になりました
ありがとうございました
午後の診察時間前で他の患者さんが居なくて良かったです

先生とスタッフ全員で見送ってくれました

家に帰ろうね
ピノが待ってるよ
くたくたになっちゃって抱きづらいよ?

家に帰るといつもはママ!ママ!と抱きついてくるピノですが
この日はポポ兄ちゃん!ポポ兄ちゃん!って感じでした
寝かせるとしきりに匂いをかみ・・・分かるんでしょうか
ピノにとっては2か月で家に来た時から当たり前に居る存在でした

その日は皆で泣きました
もう涙が止まりませんでした
ただ寝てるだけみたいですぐに起きてくるような感じですが
やっぱりずっと寝てるだけです
普通にいつものベットに寝かせて過ごし夜は2階でいつも通りに一緒に寝ました

あとから気が付いたんですが
ポポとっても綺麗だったんです
朝薬やらご飯やらで口周りはガビガビだったはず
胸毛もぼさぼさのベタベタだったはず
(いつも夜に綺麗にしているので)
きっと拭いてもらってブラッシングもしてくれてたんだろうなぁ

死に目には逢えませんでしたが
我が家にとってはこれが一番良かったのかもしれません
家で留守番中に亡くなっていたら病院に預けなかった事に後悔するでしょう
家で一緒に居る時に亡くなったら何も出来なかった事に後悔したでしょう


もうあれから1か月が経つんですね
早いような長いようなやっぱり変な感じです
ポポは全然来てくれません
お姉ちゃんとジジに可愛がられてこっちに来る暇がないのかもしれません
ポポが幸せならそれでいいんです

でもやっぱり抱っこしたいです
ぬくもりを感じたいです
とっても寂しいです
ピノが居るので頑張れますがやっぱりまだ泣けてきます

ポポは本当にこの世で一番可愛い子でした
もうあんなにも可愛い子には巡り会えないんじゃないかな
(ピノは2番目に可愛い子です)
たとえ住む世界が変わったとしてもいつまでも親ばかなのです

たまにはこっちにも遊びに来てよね

ポポと一緒に過ごせた日は本当に幸せでした







にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします

ニックネーム ポポママ at 02:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Instagram