2016年02月07日

ポポ10歳の誕生日

1月31日はポポの誕生日でした

10歳の誕生日なんだけど
9歳のまま年をとらないんだね

でも誕生日のお祝いケーキは大イベントだから
これからも続けるよ

本当は前日にショップでケーキを買おうと思ってたんだけど
仕事で遅くなり断念
ママの手作りケーキとなりました

CIMG9490.JPG

美味しいですか?

カボチャとサツマイモとジャガイモの3層に
鰹節をふりかけ煮リンゴと枝豆をトッピング
それと食べた事のない高級缶詰ごはんだよー

CIMG9493.JPG

ポポの食べたご飯はいつもピノが食べていますよ
このご飯は3日ほど続きましたが・・・
ピノ「美味しすぎるーっ」て完食です

次のイベントはピノの誕生日だから楽しみに待ってて


先日夢を見ました

家に帰ってきたら
ポポが凄い喜んで笑顔でお迎えしてくれました
そして喜びのくるくるが始まりました
それはそれは凄い回転で
「ぽっちゃん凄いねー凄いねーー」って言い続け
スイッチが入った時のように猛スピードで回っていました

こんなに元気になったよって来てくれたのかなぁ
ポポは尻尾を振らない子で
喜びの表現はくるくる回る事でした

お出迎えだって毎回する子じゃありません
遅くなって帰ると文句交じりのワンと一緒に喜んでくれましたけど
どっちかというとクールなポポでしたからね

歩けなくなって心配してたけど
あの様子だと元気いっぱいのようで安心しました

また会いに来てね

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします

ニックネーム ポポママ at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ピノの事

お正月を過ぎてから寒い日が続いています
なんだかこの冬はとっても寒く感じるのは気のせい?
沖縄まで雪が降るなんて本当にびっくりでした

今までポポ中心に書いてきましたが
今日はピノの事を

ポポが具合悪くなってからと言うもの何でもピノは後回しでした
もともとポポ優先の生活でしたけど
より一層ポポに掛りっきりになってしまった・・・

一人で留守番もしたり頑張ったよね
相当我慢させたし可哀そうな事をしたと思います

ポポは自分で身づくろいをしない子だったので
ピノが舐めてあげていたね
病気になってからはよりいっそう舐めてあげていた
きっと舐めて治そうとしてくれてたんでしょう

1450910266300.jpg
僕はポポ兄ちゃん以外のワンコとは仲良くできません
(これもこまったもんだ・・・

ポポが最初の眼振が出て体に力が入らない状態で帰宅した日の事
ママは心配で付っきりだったの
このまま最悪な事になるんじゃないかと思って・・・
いろいろ世話を焼いてる時にピノが吠えだした

吠えてる場所は仏間・・・
誰か居るのかと思ったけど誰も居るわけがない
誰も居ないよーどうしたのーって声かけても泣き止まない
ずっと仏間に向かって吠え続けるもんだからちょっと怖かったよ

そうこうしてるうちにポポが普通に戻ってきて本当に良かった
お水も飲めるようになったし一安心

でもまた次の日病院からのお迎え前から眼振だけ再び
体の状態は普通だけど目だけが気になって
ずっと様子見してたの
夜中の0時頃にまたピノが吠えだした・・・
今度は隣の空き地が見える窓に向かってだよ
前の道路を人がワンコが歩いてれば吠えるけど
夜はカーテンで見えないし
こんな夜中に外に人が来るのもおかしいしね
見たけどやっぱり誰も居ない
周りに家が無いので吠えても安心だけどこんな事は初めて
もちろん前の日の仏間に吠えるのも初めての事

そうこうしてるうちにポポの目の揺れが治まったので
安心して2階に移動して寝たんだった

暫く眼振は無く過ごしていたんだけど
最後の日におきたんだよね
その日は朝方から始まってそのまま病院に行ってしまって・・・

足が不自由になってからピノの舐め方がより一層激しくなり
最後の日の2,3日前は本当に酷かった
ポポにおしっこさせようと支えている時も
水を飲もうとしている時も
必死に舐めまくっていてママに離されるもすぐにまた舐めはじめる
今思えば死期が迫ってるのが分かってたんでしょうか
異常なまでの舐め方だったように思います
一生懸命治そうとしてたとしか思えません

で、あの吠えてたのもポポにお迎えが来ていたのかもしれません
それでピノはお願いしてたのか追い払っていたのかで吠えていたのでは?
ピノが吠えまくった後ポポは治ったし

だから最後の日は離れていたから守れなかったのかもなんてね
もしあの日一緒に家でお留守番させていたらまだポポは生きていてくれたかなぁ〜
なんて事を振り返って思ったりしています

まだもう1匹いるんだから〜とか言われる事もありますが
そうじゃないんですよ・・・
両脇に二人を抱えていたのに今はピノだけ両手に抱っこ
リードを片手にしか持たない事
私の寂しさ以上にピノは寂しいんだろうなと思います
うちの子になってからずっとポポ兄ちゃんが居るのが当たり前で
今は一人ぼっち・・・どんな気持ちで留守番してるんだろう
いまだに帰宅時の喜びが半端じゃ無いです

昼間1階のリビングで過ごしている時は誰のベットというきまりはなくて
お互い好きに寝てた
ピノが寝てる場所で寝たいと追い出すのはポポで
そのそばでくっついて寝ていたね

2階の寝室のポポのベットは今もそのままだけど
絶対にそこでは寝ないの
この前ママを起こそうと手を舐めていた時
ママがポポのベットに手を置いたらそこはダメだって手でバリバリされた
ピノが乗ってはいけない場所らしい

1450910298422.jpg

臆病で寂しがり屋のピノ
でもとってもやさしいピノ

きっとピノにはポポが見えたり感じたりするんでしょうね

31日はポポの10歳の誕生日です
バースデーケーキが食べれる大イベント日です
きっと食べたかったでしょう
ちゃんと買ってきますからね!

NEC_0063.JPG
いつも歩くときはポポが右でピノが左
大好きな雪を食べ食べ雪道を飛び跳ねる姿を見て一緒に散歩したいよ

今、ピノは右を空けて歩いてるから一緒に散歩してるのかな

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 01:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

遅くなりましたが・・・

ポポロンの喪中の為
新年の挨拶はひかえさせていただきますが

どうぞ今年もよろしくお願いします

ポポが居なくなってもこのブログタイトルは変更しません
ここにポポのすべてが詰まっているからです

ピノだけになってしまいましたが続けていきますよ

CIMG9479.JPG

49日も過ぎ明日で2回目の月命日です
やっぱり早いような長いような変な感じです

今の所ポポは夢にも現れてくれません

きっと

ジジになでなでされてたり
1453015311333.jpg

お姉ちゃんに捕まっていたり
CIMG6296.jpg

向こうの居心地がいいのでしょう



最近はまめに更新する事はなかったけれども
1か月も書かなかったことは初めて・・・
最後の日の事までは書かなきゃいけないと思って頑張って書いてたんだけど
そのあと書け無くなっちゃった

まだ書きたいことはあるんだけどPCに座るも更新に至らずの日々

心配をおかけして申し訳ありません
とりあえず体は元気です

ピノも元気です

雪が少なかったんだけどここ何日かでドカドカ降っています
気温も連日最高気温も氷点下で寒いです
明日から大荒れとか・・・

雪が大好きな二人
去年御揃いで買った服もピノだけじゃ何か変だよね
1453015376656.jpg

雪を食べるのが大好きだったポポの分まで一杯食べて寒くなってるピノですよ

1453015395611.jpg


次回はポポが闘病中の時のピノの不思議な行動を書きたいと思います



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

最後の日の事

あれからもう1か月になろうとしています・・・
積もった雪もすっかり溶けてしまいました

CIMG9298.JPG
この写真は具合が悪くなる前の物

パパとコンビニに入って見つけたの
ポポのお菓子が売ってる!!って即買い
ポンスケって呼び名も時々呼んでいたね・・・
パッケージの顔もなんだか似てるじゃない〜


11月18日

あの日はというか毎日ネットで情報を探していて寝るのは3時とかざら
3時半にお布団に入りポポが普通に寝てるのを確認
前の日に水も飲まなかったのが気になる

4時半にポポの動く気配で起きる
シッコのようで補助しながらベットの横のシッコシーツにさせる
お水飲む?って水のボトルをあげてみたら
もうゴクゴク飲むし・・・
喉が渇いていたんだね
ママの腕も疲れたけどポポも飲むのに2回ほどコテンて横になって
ママの顔をじっと見てたね
ざっと100oは飲んだんじゃないかな

でもね目が揺れていたの・・・
暫く無かったのにまた始まっちゃった
体の動きは普通だけど寝れないみたい
なでなでしながらママ寝ちゃってごめんね

5時半頃にパパが起きた時も起きていて目が揺れていたって

朝の7時に起きて下に降りてご飯やら薬やら慌ただしく過ごす
ご飯もほとんど食べないのでドロドロの離乳食を口に入れる
この日はパパと一緒に出勤だったけど眼振が起きてるので病院に預けることにした
今日は時間が無くて散歩に行けなかった・・・

連れて行かないでーっ(置いて行かないでーかも?)と鳴くピノをなだめながら病院へ
眼振が出てる事を告げると緊急連絡先は教えていますか?と聞かれる
(眼振は2回ほどでてるけどそれで連絡は来たことは無かった)
いつも診察時間前の受付時間に置いてくるので先生だったりスタッフさんだったり
今日は院長先生じゃなく女医さんだった
体重は2キロちょうどで変わらず
いつもと同じでお布団とポポの大事なカミカミを預ける
ママはいつもと同じに手を振り終わったら迎えに来るからね〜と
じーっと先生に抱っこされながらママを見てた
後ろ髪惹かれながら診察室のドアを閉め仕事へと急いだ

いつもと同じように仕事をしていました
3時でオヤツタイムにと飲み物を入れた所でした・・・ポポの話をしながら
パパが別件で電話中にママの携帯が鳴りました・・・病院からです
一番来てほしくない所からでした
電話してるパパにも病院からだと教えて

もしもし・・・

ポポロンちゃんの心臓が止まりそうなんです!
今、緊急処置をしている所ですがすぐに来られますか?

30分位かかりますがすぐに向かいます
よろしくお願いします

パパは仕事が残ってるのですぐにママだけ向かいました
20分で着きました
道中とても晴れて良い天気で・・・
お姉ちゃんにお願いしながらもうちょっと待ってと言いながら

病院に着くと院長先生が待っていました
どうですか?と聞くと首を横に振ります・・・

診察台の上で持って行ったお布団に横たわったポポが寝ています
間に合わなくてごめんね・・・なでながら動かないポポに涙がボロボロ落ちてきます
スタッフさん達も私が落ち着くまで黙って見守ってくれて暫く泣かせてくれました

緊急処置をしたんですが戻って来てくれませんでしたと先生が言います
眼振はあったものの普通に過ごしていたそうです
水も飲んでたしオシッコもちゃんとしてた
突然心拍が乱れて止まってしまったようです
最後まで意識はちゃんとあったそうです
最後の時は苦しまなかったのかが気がかりでしたが
例えるなら老衰で静かに息を引きとる感じと
苦しむ様子は無かったと聞いてそれだけが救いでした

私が来るまでに処置をしておいてくれたそうです
口とお尻に詰め物をしてオシッコも抜いてくれたそうです

お会計を済ませて

お世話になりました
ありがとうございました
午後の診察時間前で他の患者さんが居なくて良かったです

先生とスタッフ全員で見送ってくれました

家に帰ろうね
ピノが待ってるよ
くたくたになっちゃって抱きづらいよ?

家に帰るといつもはママ!ママ!と抱きついてくるピノですが
この日はポポ兄ちゃん!ポポ兄ちゃん!って感じでした
寝かせるとしきりに匂いをかみ・・・分かるんでしょうか
ピノにとっては2か月で家に来た時から当たり前に居る存在でした

その日は皆で泣きました
もう涙が止まりませんでした
ただ寝てるだけみたいですぐに起きてくるような感じですが
やっぱりずっと寝てるだけです
普通にいつものベットに寝かせて過ごし夜は2階でいつも通りに一緒に寝ました

あとから気が付いたんですが
ポポとっても綺麗だったんです
朝薬やらご飯やらで口周りはガビガビだったはず
胸毛もぼさぼさのベタベタだったはず
(いつも夜に綺麗にしているので)
きっと拭いてもらってブラッシングもしてくれてたんだろうなぁ

死に目には逢えませんでしたが
我が家にとってはこれが一番良かったのかもしれません
家で留守番中に亡くなっていたら病院に預けなかった事に後悔するでしょう
家で一緒に居る時に亡くなったら何も出来なかった事に後悔したでしょう


もうあれから1か月が経つんですね
早いような長いようなやっぱり変な感じです
ポポは全然来てくれません
お姉ちゃんとジジに可愛がられてこっちに来る暇がないのかもしれません
ポポが幸せならそれでいいんです

でもやっぱり抱っこしたいです
ぬくもりを感じたいです
とっても寂しいです
ピノが居るので頑張れますがやっぱりまだ泣けてきます

ポポは本当にこの世で一番可愛い子でした
もうあんなにも可愛い子には巡り会えないんじゃないかな
(ピノは2番目に可愛い子です)
たとえ住む世界が変わったとしてもいつまでも親ばかなのです

たまにはこっちにも遊びに来てよね

ポポと一緒に過ごせた日は本当に幸せでした







にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 02:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

最後の日までの記録

毎日こんな風に添い寝をしてママは床やソファーで寝てしまいました
CIMG9391.JPG
今も傍に来てくれるんじゃと思って同じ行動をして寝てしまいますが
いまだに来てくれません・・・


11月10日までの記録は前にブログに書きました
11月に入ってからはほとんど病院で点滴です
病院が休みの日でも点滴してくれました

その続きです

11月11日(水) 今日は家でお留守番  バナナを少し食べる
          家に帰ってくるときが一番怖い・・・
          呼んでも起きなかったり・・・ゆすってやっと起きる
          夜はサツマイモやカブの煮たのを少し食べる

11月12日(木) 体重2.2`
          朝ごはん少量食べる 
          右の静脈が使えなくなり左腕に変更
          病院での様子は特に変わった様子無し
          家に帰って来てからバナナを沢山食べた

11月13日(金) 体重2.15`
          朝預けに行くと検査結果がリンパ腫では無かったと告げられる
          良かった〜でも何の癌なのかを調べる検査はもう体力的に無理
          病院でビスケットを食べる
          胃が少し腫れてるらしい・・・
          舌の色もまた黒くなって心配
          (前回は退院後に黒くなったけど何日かして色は戻る)
          明日は早出で預けられないので心配だと言うと
          お水が飲めるなら1日位は大丈夫との事
          サツマイモとドライフードを少し食べる

11月14日(土) 家でお留守番 帰ってくるとベットにオシッコの跡
          シッコシーツにもオシッコはしている
          ケージから出したら右の後ろ足が床に付けない・・・
          お留守番中に転んだか何かしたで足を痛めたのかも
          痛がる様子は無いがケージの外に出たがり声を出す
          (ポポの要求吠えを久しぶりに聞いた)
          小鳥のさえずりのようにピュルルルピュルルルって
          ワンワンって声を聞きたかったけどそれは無くて残念
          食欲なし・・・舐める程度

11月15日(日) 朝から食べない水も飲まない
          レントゲンで膝の靭帯が切れている事が判明
          転んだのかもしれないし何もしていなくても切れる事も
          治療は手術しか無いが今は全身麻酔には耐えられないので
          何もするすべがない・・・幸い痛くないようだ
          先生は骨転移を疑ったみたいだが骨に異常は無し
          腸の動きも正常でウンチがもう少しで出てきそうだと言う
          (きっとあの時沢山食べたバナナかも〜)
          
          血液検査の結果は前回悪かった膵臓の数値は正常値になるが
          ステロイドの影響で肝機能の数値が高めに・・・
          胸水が少し溜まってるのと脈の打ち方が弱くなってるので
          強心剤が朝晩追加(今までは血管拡張剤のみ
          そして貧血が進んでいる事
          
          足は慣れてくると3本で歩けるようになるみたいだけど
          もう1本も負担がかかり1年以内に両足がダメになるかもと
          言われましたが
          パパとそうなっても車椅子があるもんねと前向きに話す
          
11月16日(月) 朝は何も食べなかった 朝にウンチ 家でお留守番 
          念の為オムツをするがしていなかった
          補助して立たせてオシッコをする
          夕方バナナを少しとオヤツ少し食べる
          
11月17日(火) 体重2.0` 食欲無し
          病院でお水は飲んでいたらしい
          温熱療法とインターフェロン開始
          どちらも副作用無しで腫瘍に効果があるらしいので期待
          夜は人間用のベビーフードや缶フードを口に入れる
          もう食べないではなく食べさせないと・・・
          頑として口を開けない
          水も家に帰って来てから飲まない・・・
          ご飯も薬同様に嫌いになっちゃったのかなぁ
          
          
リンパ腫の疑いは晴れたけど腫瘍があるのは間違いなく
でもリンパ腫よりは一緒に過ごせる時間が増えたと思っていました
これだけ体に異常がでて痩せて悪性なのは間違いないでしょう
腫瘍の位置は腹部の皮下1センチほどにあって
他の臓器が何もない所で大きさは2センチ
脳腫瘍の疑いもあるがこれは全身麻酔でMRI検査を受けないと分からないので
全身麻酔には耐えられないとの判断で無理
抗がん治療はしないと決めたので(してくれと頼んでもこの体力では無理だそう)
何の癌だとしてもQOLを高める為の治療をしていくしかない

ステロイドでも腫瘍が小さくなることがあるというし
食欲が戻る事もあるって
早くご飯もりもり食べて欲しいよ
毎日毎日何なら食べてくれるだろうかと考えてばかり
好きな物はもちろんだけど人間の美味しい物もあげようと考えてた
もう何でもいいから食べて欲しかった

新しい治療に先生も私達も期待していました

あまり食べられなくても点滴で栄養入れているし
水は飲むしオシッコもちゃんとしてるし
具合が悪いそぶりもあまりなく(ご飯を食べないのが具合悪い証拠かもですけど)
痛いと泣くこともなく(ブラッシングで毛が引っ掛かるだけで物凄い悲鳴をあげる子です)
足が動かなくてもずりずりと移動してました
慣れたのか3本の脚でも少し歩いていました
本当に歩けなくなってしまったと思った時には可哀そうで可哀そうで
私がずっと面倒をみてあげるからと思いましたし
何でもしてあげたいと心から思ったのです
だから少しでも長く一緒にいて欲しいと・・・

リンパ腫の疑いの時は違う事を願っていたら叶いました
だから腫瘍だって奇跡が起こって治るかもしれない
そんなまさかな夢だって叶うかもしれないと


だから次の日に急に逝ってしまうなんて誰も思っていなかったんです
          
          

          

 





にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ポポ、雪だよ

一気に雪が降りました
この降り方は11月では60何年ぶりとか言ってました

雪かきも久しぶりなのと水分の多い雪なので重い事


一面銀世界でピノは大喜び
雪を食べ食べ飛び跳ねるような足取りです

CIMG9464.JPG

でもね

ピノの横にポポが居ないんだぁ・・・
なんだか変だよね

ポポも雪が大好きな子だった
この冬も一緒に過ごしたかったね
歩けなかったかもしれないけど
雪は食べたかったよね

CIMG9466.JPG

そっちは寒くないですか?
こっちは凄く寒いよ・・・

ポポが居ないとね何でも早く終わるよ
散歩もピノだけだとずんずん歩くし
ご飯もあっという間に終わるんだよ
あ、要求吠えするポポが吠えてたからピノも吠えてたみたい
だまってご飯くれるの待ってるよ

オヤツも順番じゃなくもらえるし
何でも2番目だったピノは待つ事が無くなり
パパをお見送りの仕事も増え
愛情を独り占め出来て嬉しい事が増えたはずなんだけど

一人でのお留守番が寂しいのか・・・帰ってきた時の喜び方が尋常じゃなくて
寝る時必ずポポのそばに寝てたのに一人で寝てる事や
ベットとかポポの匂いのするものを探してる姿

なんだか元気無いように見えるんだよね・・・


CIMG9465.JPG

お散歩行くよーってポポに声をかけています
きっと見えないだけで一緒に居るよね

ソファーに転がってるといつも飛んできて舐めてくれてたポポ
朝は足を出せ!舐めさせろと吠えていたポポの声
その存在だけで可愛くいつも癒してくれてたポポ

あれから10日・・・
居るのが当たり前の存在が無くなってしまって
私達もピノも戸惑いと寂しさが絶えません

先日病院の方へお礼に伺いました
やっぱり先生もまだ頑張ってくれると思っていたらしく残念がっていました
日々の預かりでアイドルみたいになっていて本当に可愛がってくれてくれたこと
お骨に黒い物があったことを伝えると腫瘍は黒く残ると言ってました
お腹の腫瘍が先なのか脳が先なのか・・・何の癌だったのかは今となっては分かりません

長々と取り留めもなく書いてしまい申し訳ありません
最後の日までの記録も書かなくちゃと思いながら・・・
まだまだポポの話をするのが辛いです
散歩に行ってピノしか居ないのを聞かれるたび涙がこぼれてくるのを止められません


刹那ママさんへ
メールありがとうございます
返信したのですがメールが返って来てしまいました
申し訳ありませんがここでお礼をさせて頂きます


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 03:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ありがとう〜またね

僕のお気に入りのカミカミです
いつもこれをカミカミちゅぱちゅぱするのが好きでした
病院にもいつも持って行きました
CIMG9446.JPG
これは亡くなる前日の夜の写真
これが最後の写真になりました

点滴の針の包帯は毎回カラフルに変わっててオシャレにしてもらってたんですよ
最初は右腕だったけど使えなくなって左腕に変わっています

この日の病院で新しい治療に期待を持っていた私達
リンパ腫でなかったら少しは長くいられると思った矢先の出来事でした

もう食べれないではなく流動食でも何でも食べさせなきゃと
人間の赤ちゃん用の水に溶くベビーフードも用意しましたが
1袋しか使えませんでした

とにかくポポは苦しむ事もなく痛がる事もなく病院も嫌がる事も無かったのです
ただただご飯が食べれなかったのが可哀そうで
最後までちゃんと意識もあり水も飲めるしオシッコも自分でしてました
右後ろ足が使えなくなってしまったのが可哀そうでしたがなんとか3本の足で立つこともマスターしました

また今度繊細を書きます・・・

仲良しのワンコや可愛がってくれた方も来てくれて
最後のお別れをしました

私達も本当のお別れです・・・

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします




続きを読む
ニックネーム ポポママ at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

ポポ虹の橋へ・・・

今日の午後3時過ぎ
預けていた病院から急変の連絡が・・・

仕事先から駆け付けるも間に合いませんでした

覚悟はしてたげどこんなに早いとは思ってもみませんでした


皆さんポポを可愛がってくださってありがとうございます
心配してくださり本当にありがとうございました


眠ってるポポを見てくださる方は下の続きを読むをクリックしてください


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします




続きを読む
ニックネーム ポポママ at 23:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

クローナリティ検査結果

ご心配お掛けしています
取り急ぎご報告まで

検査結果が出ました

リンパ腫ではありませんでした

ほっとした反面、では何なのか?と言う思いに揺れています
まだまだ状態は改善されていません
食事もほとんど採れていません

点滴で命を繋いでる様な日々です・・・

CIMG9409.JPG

ポポは本当に頑張っています





にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 03:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

眼賑症状

記録(体重は病院に行ったときに計ったもの)

11月1日(日)体重2.7`
朝ドライフード少し 夜缶フード 4分の1食べる

11月2日(月)まったく食事を受け付けず 

11月3日(火)缶フード少量 他の物少量

11月4日(水)体重2.6`
病院日中預かりで点滴をしてもらう事にする
午前中吐く 吐き気止めの注射
昼頃から眼賑症状と全身脱力状態が続く
家に帰り少ししてから元に戻るがあまり元気が無い

11月5日(木)体重2.35`
病院で点滴 お迎え前の夕方6時頃よりまた眼振症状が出る
(夜中の0時頃まで続く)体は普通(多少ふらつきはあるが)
食事は拒否 水も拒否 4日ぶりにウンチ(胆汁便)

11月6日(金)体重2.3`
病院で点滴 ご飯は少し食べる

11月7日(土)
食事は少量

11月8日(日)体重2.3`
病院で点滴 吐く 吐き気止めの注射
食事は少量

11月9日(月)
久しぶりに少しだけどいろいろな物を食べてくれた

11月10日(火)体重2・25キロ
病院で点滴 食べ物は受け付けず

CIMG9411.JPG
朝赤ちゃん抱っこでお外を見ています

すぐに点滴出来るように針を入れたままにしてあります
この包帯をピノが取ろうとするのでポポはケージに隔離です

CIMG9418.JPG
これが本来の使い方ですけどご不満のようです
カミカミでストレス発散しています

パパがソファーにいると以前は飛んできました
今は歩くのもやっとなのに行こうとします
毎晩日課のなでなでタイムでマッタリ
CIMG9426.JPG

気になるのが眼振症状です・・・
最初に出た日は酷くて目が左右に小刻みに揺れていて
首も傾いて体のバランスが取れず
ほぼグッタリで重みのあるヌイグルミを抱っこしてるような感じ
このまま寝たきりになってしまうのかとも思いました
でも家に帰って30分くらいしたら徐々におさまり一安心
お水もゴクゴク飲めたしオシッコもちゃんと出来た

次の日は眼振だけだったけどやっぱり気持ち悪いみたい
ひどい眩暈がしている状態らしいです

CIMG9413.JPG
首が傾いてる時の様子
(オシッコも上手くできないのでマナーベルト装着中)
お留守番の為にオムツも用意して履かせましたが
見事に失敗で濡れたお布団で寝ていました(ごめんね)

あれから眼振は無く首の傾きも今は治っています
食べれないので体重の減りも気になる所です

まだ検査結果が出ていないのですが
脳に腫瘍の可能性もあるとの事・・・

腫瘍の細胞の検査結果の確率は50%
まだリンパ腫と決まった訳では無い
今回の結果は90%の確率で確定となる

どちらにせよ早く確定しないと次の治療に進めないのよね
それまで少しでも食べて点滴が少なくなりますように

CIMG9387.JPG
ピノも一人でのお留守番頑張ってます
みんなで頑張ろうね



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへrankin.gif
上応援ポチお願いします
ニックネーム ポポママ at 02:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Instagram